2015年5月5日

42.シンクロ × シンクロ

(日めくりブログではないので、途中から読むと繋がらないと思います。21稿までが前置きになります。)


過去と未来しか演算できない「左脳」に時々静かになってもらい、「今」の連続の中に身を置くことの素晴らしさが少しずつわかるようになってきました。

そして「今に在る」を意識して日常を送れるようになってくると、自分のしたいことがはっきりとしてきます。

でも、そのしたいことが今までの生活や仕事の延長上では成り立たちにくいものになってきます。

例えば、これをしてみたいなとふと思っても、時間がなかったり、お金が無かったり、常識的に今そのタイミングじゃなかったりと、左脳が今するべきではないと判断してきます。

もう一つは、「誰かより〇〇」の「条件付きの欲求」で創り上げたネガティブの土台(自分の環境)が崩れる「恐れ」が出てきます。

その結果、周辺の事情があるからという理由で我慢することになります。

見方を変えれば、周辺の事情によって束縛されているのではなく、「左脳」という一部の自分によって自らの自由に制限をかけています。

このことを意識して最近の私は小さなことでも、ふと思ったことを我慢しないで実行に移すようになってきました。

ただし、その欲求がポジティブのワクワク感や「楽しい」ものであって、ただ単に「らく」を選びたいだけや「誰かより〇〇」の「基準付き欲求」のようなネガティブではないことの観察と認識が必要です。

常識では我慢が普通でも、ネガティブな欲求でなければあえて我慢をしないようにしています。

この一見わがままな行動の積み重ねは、今までの観察からすべてがポジティブなシンクロへとつながっています。

そして、それに身を任せるようにするとシンクロがシンクロを引き寄せ、自分の深層部が求めているものに急速に近づいていきます。

私はこれをシンクロ×シンクロと呼んでいます。

失敗かなと思ってもトラブルの後にいい結果が待っています。

小さな例ですが私的な事で、ふと気になるワードを検索してみたらあちこちのサイトに飛ぶことになり、仕事中なのでどうしようかなと思ったけれど、いつになく気になるので、そのまま気がおさまるまで続けてみたら、数年前に軽く読み流してしまっていた岡本せつ子さんのサイトにたどり着きました。

ここで仕事が入り時間切れになるのですが、このあとシンクロにシンクロが重なり、仕事を休まなければいけなくなり、常識的には周りの人に不義理を生じてしまいました。

その流れの中で、まるで強制されたように、自分の中では消化したはずのものを、また読んでしまうというタイミングになっていました。
 http://jibuntoiufusigi.blogspot.jp/search?updated-max=2016-07-02T18:09:00%2B09:00&max-results=1

自分の思考深層部が起こすシンクロニシティーは、顕在意識の私から見れば、まるでせざるを得ないように環境が具現化して行きます。

これと同じようなシンクロが、「クォンタムポーズの実践」の部分にも当てはまっていました。

そこが、答えや到達点というわけではなく、場合によっては、気付きを促すようにあえてネガティブな環境や情報が通過点になっている場合があります。

そして、彼女のブログを今読み返して見て、初期の私にはその全てを受け入れる体制ではなかったことがよくわかり、自分の変化に大きく気づきました。

直感的にふと思ったことを大切にしていると、自分が起こすシンクロに同じ波動のシンクロが重なり、思わぬ結果が予期せず起こることが多くなります。

そして「今」シンクロがシンクロを呼び、再び出会うことができました。

あれからの経緯は私にはわかりませんが、2008年の時期に彼女はなぜブログの活動を終えられたのか。

最後の2年間の内容を見て、神妙な感覚を持ちました。

まるで、去ってゆく「闇」が私たちへの置きみやげとして「真実・愛」を伝えているかのように感じる部分があります。

ただし、人類の一部をこの宇宙の流刑の民としている部分は今でも受け入れられませんが。

そうでないと、それ以降のチャネリングのすべては聖書の予言通り、不思議を行う拐(かどわ)かしの多くのものということになってしまいます。

その嘘と拐かしの情報に、恐れや怒りするのではなく、彼らゆえの分離された不毛の寂しさが生む彼らの真実だということ。

そこに気付き、慈愛の心を持った時こそが真の気付きなのではないでしょうか。

疑問に思うデスクロージャーとスピリチュアル系が多い中、目次を読むだけでも内容が蘇ってくるので、あの頃よりも重く深くジーンときてしまいます。

このジーンは、感動のそれではないですよ。

アセンションは、確実に自分の中からしか起こらないこと。

その核心をついた厳しさに少しの「恐れ」を抱いていた私がいたことをここで再確認できました。

それは教えではなく、変わらなければならないという自分否定の植え付けだったということを。

批判や否定はネガティブの最たる状態です。

闇はそれを教えてくれました。

今ようやく、闇/ネガティブに対する感謝の念が湧いてきます。

変ですか?

そうして長い間の疑問が解け、いくらかの迷いに終止符を打つことができた大きな出来事でした。

これはポジティブなシンクロ×シンクロだと思い、2007年以降の目次と内容の一部をもう一度、腑に落ちていない部分も含め、自分のためにブログに残すことにしました。

スピリチュアル系に馴染みがない人は、「日月神示」もそうですが、読み流すと過去の私のように、ちょびっと拒否反応を起こしてしまいますよ。(^O^)

これをどう受け止めたとしても、真偽や善悪に関係なく、全ては愛であり、波動であり、自分であるというスタンスを崩さないで欲しいと思います。

以下、岡本せつ子さんのブログと一部の目次ですが、もし読まれるのでしたらHPトップからをお薦めします。
http://www.pleiadesgrin.net/default.htm


以下転載

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

今この時をどう生きるか?
http://www.pleiadesgrin.net/2007/index.htm

2007年6月以降のチャネリング・メッセージ
このメッセージはアセンションについてある程度の理解が必要となります。
基本的な理解のためには、「アセンションするための基礎知識」、 及び「アセンションへの道しるべ」を先に読むことをお勧めします。

2008年

★ アセンションとは自分との地道な戦いである (神様) 10月3日

★ 自由という光を放つ (シリウス) 6月3日

★ 命あることに感謝して、輝くばかりの生を生きる (シリウス) 5月9日

★ どちらの道を歩むのか、あなたの道を定める時が来た (神様) 4月19日

★ アセンションの道を歩もうとする者達よ、しっかり光を見抜け (神様) 4月9日

★ 波動の移行期-光が多量に注ぐ時 (オリオン) 4月7日

★ 波動について (シリウス) 3月30日

★ 地球を、意志を持つ惑星にする (神様) 3月23日

★ 輪廻転生とカルマの法則-1&2 (オリオン&プレアデス) 3月11日

★ 自由に生きる (シリウス) 3月9日

★ あなた達の使命-第6感以上を切断されたDNAの修復 (シリウス) 3月2日

★ あなたの周りの人達が、あなたは誰なのかを教えてくれる (シリウス) 2月25日

★ この命ある瞬間、あなた達はどう生きたいのか (神様) 2月17日

★ アセンションするために大切なことは、シャーマニックな感性を活かしつつ、人間としてしっかりグラウンディングして生きていくことである (4連メッセージ 2月14日)

☆ シャーマニックな感性を持って普通に生活する姿こそ、人間の本来の姿 (神様) 2月8日    

☆ シャーマニックな感性を信じて、しっかりグラウンディングする (シリウス) 2月9日    

☆ シンクロニシティーとは (オリオン) 2月9/10日    

☆ 一番大切なのは、人間としての心のもちよう (プレアデス) 2月11日

★ 全ては自分自身の責任である (プレアデス) 2月3日

★ 生きるとは、今を生きること (ベガ) 1月27日

★ 真実を見極めよ (オリオン) 1月25日

★ 四次元の川を渡る - 使命に気づく (シリウス) 1月21日

★ 四次元の川を渡る - 幻想の世界から真実の世界へ (プレアデス) 1月20日

★ 四次元の川を渡る - 『欲』というものの実体 (神様) 1月18日

★ 四次元の川を渡る時 (オリオン)1月8日 &   四次元の川を渡るとは (ベガ) 1月9日 2007年

★ アセンションへの道を阻害するもの (シリウス) 12月30日

★ 多量の光のエネルギーが来ている時 (シリウス) 12月18日

★ アセンションする事は現実の世界での出来事である (神様) 12月10日

★ 光のエネルギーワーク (プレアデス) 11月30日

★ 五次元を生きるということ (プレアデス) 11月23日

★ 波動を固定するとき (シリウス) 11月19日

★ 波動とは (神様) 11月11日

★ あなたは知識を実践していますか? (シリウス) 11月3日

★ 光を放つ者 (神様) 10月26日

★ 自分自身に集中する (シリウス) 10月24日

★ 心が作る幻-1&2 (神様) 10月9日&10日

★ 全ては、一人一人の選択による (シリウス) 9月23日

★ 思い出す (プレアデス) 9月9日

★ 時が来た (シリウス・プレアデス・オリオン・ベガ) 9月6日

★ 光の宇宙存在達との会話 (シリウス・プレアデス・オリオン・ベガ) 8月30日

★ 嘘を見破る (神様) 8月25日

★ 波動の変化 (プレアデス) & 我々の使命 (神様) 8月12日

★ 人間ということ (プレアデス) 8月1日

★ 認識して欲しいこと (シリウス) 7月18日

★ アセンションに向けての大事な瞬間 (シリウス) 7月12日

★ 感覚とは (プレアデス) 7月6日

★ カルマの浄化とは (プレアデス) 6月30日
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、目次だけを一部転載しました。



2016年11月追記
(残念ながら、岡本せつ子さんのこのサイトは消滅し、違うものになっていました)
55.光を見抜く に一部の内容を掲載することができました。