2017年5月20日

71.変化を嫌うと波動は下がる


自分の過去を振り返ってみると、「感情」が大きく動くような出来事があると、その時をさかいに世の中の見え方や、そこから受け取る感覚が必ず変化していたはずです。

「怖れ」でも「喜び」でも強い振幅があった場合、その感覚が長いあいだ続きます。

大きな「怖れ」はもう二度と味わいたくない過去として記憶に残ります。

ここでの「怖れ」は、単に「恐い」ではなく11.ネガティブとポジティブで考察した内容のものとします。

そして、未来に大きな「怖れ」が来ないように、思い切った行動が取れなくなります。

また、大きな「喜び」の方は、その感覚を持続させたい思いで、未来へ繋げようとします。

そこである場合には、今の状況が続くように努力します。

ところが、全てにおいて変化しないものはありませんから、何度も同じことを続けると効果や満足感が薄れてきます。

分かりやすい例は、結婚などの契約関係や、対象は何であれ中毒症状のような依存関係です。

あの「怖れ」もあの「喜び」も記憶でしかないので、どちらも「今瞬間」の感覚ではありません。

これは共通しています。

そしてどちらも大きな変化を避けながら「未来」へ向けての対策を講じます。

「過去」のデーターを元に、演算をする左脳の「思考」に絶えず「感情」が反応し、「過去と未来」の世界が自分の中に広がります。

これも共通しています。

一見、無難な考えに見えますが、「今の瞬間」を無視して行動を取ると、潜在的に「期待」と「執着」や「不安」しか残らないことになります。

現れる現実はネガティブな方向へ向かいますが、変化を許さないわけですから、ここから出る術/すべはありません。

これは自分の深層部にすり込んだネガティブな願いが、見事に叶っていることになります。

この構造は、このブログの前置き部分、19.期待はネガティブの前後で考察した部分です。

これらのことから、変化を嫌らうと、どうしても思考が優先してしまい「今に在らず」の自分を創ってしまいます。

結果として、「今瞬間」の波動を下げる可能性は大きくなります。

あえてそれを「意図」するのであれば、自分にとって何も問題はないのですが、、、、、、


続きます。